「日本の家」

【書いた人】松田 真希子(まつだ まきこ)

【書いた人の紹介】

 私は家が大好きで、子どもの時は山の木を集めて家を作って遊んでいました。父は大工という、家を作る仕事をしていました。私の家には父が作ったテーブルやドアがありました。

 私は家が大好きな子どもでしたが、家を作る仕事はしないで、大学で日本語を教える先生になりました。でも家は大好きなので、2012年に有名な建築家に私の家を建ててもらいました。建築家といっしょに、どんな家をつくるかを考える体験をして、私は日本の家と町のつくりかたについて、とても興味を持つようになりました。

【読み物】

  • 1.3匹の子ブタと日本の家(さんびきのこぶたとにほんのいえ)

 ふりがな: なしあり

 ながさ:1251じ

 ぶんのレベル :★★★☆☆

 ことばのレベル:★★★☆☆

  • 2.町家を直す人との対話1(まちやをなおすひととのたいわ1)

 ふりがな: なしあり

 ながさ:1948じ

 ぶんのレベル :★★★☆☆

 ことばのレベル:★★★☆☆

  • 3.町家を直す人との対話2(まちやをなおすひととのたいわ2)

 ふりがな: なしあり

 ながさ:1527じ

 ぶんのレベル :★★★★☆

 ことばのレベル:★★★☆☆

  • 4.日本にレンガの家は必要か?(にほんにレンガのいえはひつようか?)

 ふりがな: なしあり

 ながさ:986じ

 ぶんのレベル :★★★★☆

 ことばのレベル:★★★☆☆