多読とは What’s the TADOKU

 多読とは、その名前の通り、たくさん読むことです。日本語や英語など、外国語を勉強するときの多読とは、外国語で書かれた文章や本をたくさん読んで、スラスラ読めるようになりましょうということです。

 自転車に初めて乗ったときのことを思い出してください。最初は上手に乗れなくて、何度も転んだと思います。でも、何度も何度も練習したら、乗れるようになったはずです。そのときに、「速くペダルをこぐために足の筋肉を強くしよう」とか、「バランスが必要だからしばらく片足で立つ練習をしよう」ということは考えなかったと思います。何度も自転車に乗って、練習をしたはずです。

 読むことも同じです。読む力をつけるためには、実際に読むことが必要です。もちろん読むためには、単語の意味や文法の使い方がわかったほうがいいです。でも、それだけでは足りません。文章や本を読まないと、本当の読む力はつけられません。

 ところでみなさんは、読むことが好きですか。嫌いな人はもちろん、好きな人でも外国語で長い文章を読むときには、ストレスを感じるはずです。わからない言葉が多いとか、辞書を引いている間に内容を忘れたとか、文章が長くなると何を言っているかわからないなど、ストレスになることがたくさんあります。ストレスのせいで読むことをやめてしまう人も多いと思います。さっき、私は「多読は外国語の文章をたくさん読んで、その言語が上手になることです」と言いました。でも文章を読むことがストレスだったら、たくさん読むことはできません。すぐにやめてしまいます。だから、多読をするときには、自分の読みたいものを、自分のペースで、楽しみながら読んでください。辞書を引きながら読むのもストレスになります。だから、辞書を使うのをやめて、辞書を使わないで読めるものを探しましょう。長い文章や厚い本じゃなくていいです。短いものから読みましょう。難しい本じゃなくていいです。やさしい本から読みましょう。絵本でもマンガでもいいです。

 楽しみながら、たくさん読んで、読む力を伸ばす。それが、多読の目指すゴールです。

 「たどくのひろば」がみなさんの多読の役に立ったら、嬉しいです。

「たどくのひろば」の読み物について

 「たどくのひろば」では、多読のための読み物を無料で公開しています。自由に使ってください。

 私たちは、初級の日本語の勉強が終わった人が読めるものをたくさん作りたいと思っています。だから、このウェブサイトには、中級レベル(日本語能力試験N3/CEFR A2,B1)ぐらいの読み物が多いです。中級になったら、長い文章を読んだり、難しい内容の文章を読んだりします。初級が終わって、急に長い文章や難しい内容の文章を読むことは、大変です。だから、「たどくのひろば」の読みやすい文章をたくさん読んで、読む力をつけてください。

 また、「たどくのひろば」の読み物は、おもしろいストーリーだけではありません。日本の社会を紹介したり、日本や世界で話題になっていることを紹介したりするものもあります。「たどくのひろば」の読み物を読んで、社会のことや日本、世界のことをたくさん知ってほしいと思います。

 「たどくのひろば」の読み物が、教室で日本語を勉強するための「教材」と、教室の外の「生の読み物」のかけ橋になるはずです。

読み物を作っている人

 いろいろな人が「たどくのひろば」の読み物を作っています。読み物を書いてくれた人や、イラストを描いてくれた人、朗読をしてくれた人をここで紹介します。

<読み物を書いた人>(あいうえお順)

 ・奥野由紀子(おくのゆきこ)さん/東京都立大学の先生

 ・門倉正美(かどくらまさみ)さん/元横浜国立大学の先生

 ・佐々木瑞枝(ささきみずえ)さん/武蔵野大学の先生

 ・佐々木良造(ささきりょうぞう)さん/静岡大学の先生

 ・佐藤淳子(さとうじゅんこ)さん/北海道大学の大学院生・非常勤講師

 ・西口光一(にしぐちこういち)さん/大阪大学の先生

 ・二口和紀子(ふたくちわきこ)さん/開智国際大学の先生

 ・松田真希子(まつだまきこ)さん/金沢大学の先生

 ・森勇樹(もりゆうき)さん/日本語の先生

 ・吉川達(よしかわとおる)/佐賀大学の先生

 ・佐賀大学の留学生

<イラストを描いた人>

 ・藤村日向子(ふじむらひなこ)さん/佐賀大学の大学院生

 ・佐々木朗乃(ささきあきの)さん/佐賀大学の大学院生

<朗読をした人>

 ・島田双葉(しまだふたば)さん/佐賀大学の学生

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスについて

 「たどくのひろば」の読み物は、「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス」をつけて公開しています。無料でダウンロードしたり、プリントアウトしたりできます。「たどくのひろば」の読み物を使って教材を作ったり、読み物を書き換えたり、別のウェブページで紹介したりすることもできますが、そのときは「出典:たどくのひろば(http://tadoku.info)」と記載してください。ただし、一部の作品を除いて「たどくのひろば」の読み物を売ることはできないので、注意してください。クリエイティブ・コモンズ・ライセンスについて詳しく知りたい人は、「クリエイティブ・コモンズ」のウェブサイト(日本語英語)を見てください。

 それぞれの作品についている「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス」の範囲外のことをする場合は、ウェブページの「問い合わせ」からご連絡ください。