日本語を勉強している人へ

 多読とは、その名前の通り、たくさん読むことです。日本語や英語など、外国語を勉強するときの多読とは、外国語で書かれた文章や本をたくさん読んで、スラスラ読めるようになりましょうということです。
 自転車に初めて乗ったときのことを思い出してください。最初は上手に乗れなくて、何度も転んだと思います。でも、何度も何度も練習したら、乗れるようになったはずです。そのときに、「速くペダルをこぐために足の筋肉を強くしよう」とか、「バランスが必要だからしばらく片足で立つ練習をしよう」ということは考えなかったと思います。何度も自転車に乗って、練習をしたはずです。
 読むことも同じです。読む力をつけるためには、実際に読むことが必要です。もちろん読むためには、単語の意味や文法の使い方がわかったほうがいいです。でも、それだけでは足りません。文章や本を読まないと、本当の読む力はつけられません。
 ところでみなさんは、読むことが好きですか。嫌いな人はもちろん、好きな人でも外国語で長い文章を読むときには、ストレスを感じるはずです。わからない言葉が多いとか、辞書を引いている間に内容を忘れたとか、文章が長くなると何を言っているかわからないなど、ストレスになることがたくさんあります。ストレスのせいで読むことをやめてしまう人も多いと思います。さっき、私は「多読は外国語の文章をたくさん読んで、その言語が上手になることです」と言いました。でも文章を読むことがストレスだったら、たくさん読むことはできません。すぐにやめてしまいます。だから、多読をするときには、自分の読みたいものを、自分のペースで、楽しみながら読んでください。辞書を引きながら読むのもストレスになります。だから、辞書を使うのをやめて、辞書を使わないで読めるものを探しましょう。長い文章や厚い本じゃなくていいです。短いものから読みましょう。難しい本じゃなくていいです。やさしい本から読みましょう。絵本でもマンガでもいいです。
 楽しみながら、たくさん読んで、読む力を伸ばす。それが、多読の目指すゴールです。